原爆の図「署名」 発祥地に 東京都杉並で展示 反核運動の住民描く

中国新聞「ヒロシマ平和メディアセンター」に『原爆の図第10部《署名》を見よう 』の3月5日の記事がアーカイブされていました。丸木美術館学芸員の岡村幸宣さんによる作品解説や杉並光友会の平田道正さんのインタビューも紹介されています。

原爆の図「署名」 発祥地に 東京都杉並で展示 反核運動の住民描く

明日、3月9日(土)最終日です!

3月4日に始まった「原爆の図第10部《署名》を見よう!」も明日3月9日で終了となります。これまでご支援、ご協力、ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。

最終日の展示室開館時間は、午前10時から午後6時までとなります。

明日の展示室イベントとして、
10:30と15:00から、共同代表の永田浩三さんによる展示内容ガイドを行います。今回のパネル展示を中心となって企画した、武蔵大学教授の永田さんのガイドをぜひお聞きください。

11:00から、杉並光友会が杉並区に働きかけ、杉並区平和都市宣言30周年事業として実現した、被爆証言のDVDをイベントとして初上映します。第一弾の証言は、松ノ木中学校ゲストティーチャーで、当イベントでも証言していただいた、吉田一人さん、山中武子さんです。

11:30から、広島被爆体験継承者の資格を持つ、楢原泰一さんによる「ヒロシマ講座」を行います。

18時の展示室閉館後には隣のセシオンホールで、2017年にノーベル平和賞を受賞した、ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)の国際運営委員、川崎哲さんの特別講演『原水爆禁止運動から核兵器禁止条約へ』を行います。まだ座席に余裕がありますので、ぜひご参加ください。18時開場、18時半講演開始です。入場時間のあいだには「ナインズ」の演奏で「ヒロシマのある国で」をご来場の皆さまと合唱いたします。こちらもぜひご参加ください。

※セシオンホールでは13:00から、賛同団体の杉女連主催の関連イベント、映画「夕凪の街 桜の国」の上映と監督トークもあります。

杉並を扱った丸木夫妻の作品『署名』を、杉並で見ることのできる、またとない機会です。そのテーマとなった原水爆禁止署名運動のパネル、資料と共に、ぜひご覧ください。会場では「ヒロシマ・ナガサキの被爆者が訴える核兵器廃絶国際署名」も行なっています。皆さまも実際の署名運動にご参加ください。

明日の最終日も、皆さまのご参加を実行委員会一同、心よりお待ちしております。

スタッフ用カードが出来ました!

スタッフ用カードを作りました。会場で何かありましたら、スタッフにお声がけください。
※イベントの進行や講演会の入出場など、スタッフの指示にご協力頂くよう、お願い致します。

甦った水爆禁止ポスター

当時の署名運動の告知ポスターやステッカーの実物は大宮にある「杉並区立郷土博物館」に保存展示されています。イベントでも展示したかったのですが、貴重なもので貸出できないとのことで、写真データをお預かりしました。

65年前に印刷されたポスターはさすがに色落ちと黄ばみがあります。一度は現状のままの画像を印刷してみたのですが、当時の状態を再現してみようと、少し加工して印刷に出してみました。その甦ったポスターは今まさに「水爆禁止運動」の始まりを告げる輝きを取り戻したように見えます。

そして今なお原水爆はまだ現実に存在し、ボタンを押せばただちに発射されてしまうのです。

核兵器廃絶の実現に向かって一緒に前に進みませんか。

展示パネルと冊子制作

共同代表の永田浩三さん(武蔵大学教授)が展示のためにさらに研究を深め『65年前の原水禁署名運動と今』のA2パネル20枚を制作しました。この渾身のパネルを、第5福竜丸記念館のパネルと共に展示します。実行委員会では、このパネルを冊子として、参加団体の杉並女性団体連合会と杉並ユネスコ協会のみなさんでDIY製本し、会期中受付で販売いたします。限定300部、一部300円です。

セシオン杉並ホールの下見

3月9日(土)にICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)国際運営委員の川崎哲さんの講演を行うセシオン杉並ホールの下見に行ってきました。どても素晴らしい設備でした。

前売り券をFAX、メールやインターネットから申し込むことも出来ますので、ご利用ください。

講 演:川崎 哲さん (ICAN 核兵器廃絶国際キャンペーン 国際運営委員)
日 時:2019年3月9日(土) 18:30~20:00 開場:18:00
会 場:セシオン杉並ホール
入場料:当日700円/前売500円

【特別講演チケットご購入方法】
3月5日までに、ホームページの 申込フォーム か [Email] suginami.peace@gmail.com または [FAX] 03-6762-3515 まで、氏名、住所、電話番号、年齢、希望枚数を明記の上お申し込みいただき、下記振替口座にお振込みください。

[加入者名]原爆の図第10部「署名」を展示する会
[振替口座番号]00190-7-767933

※入場者数が限られているために、事前のお振込みをお願いしております。当日受付での引き換えとなります。

3月7日と9日にヒロシマ講座を開きます!

実行委員をしている杉並区民の楢原(ならはら)と申します。一昨年、高円寺図書館にて被爆体験伝承講話をしたことがきっかけで、杉並光友会(杉並の被爆者の会)の会長さんに出会い、この展示会の存在を知り、かかわり始めました。

私は、東京の百貨店で働くかたわら、月1回広島へ行き、原爆資料館のボランティアガイドと被爆体験伝承講話をしています。10年通い続けています。この経験を活かして、展示会期間中に、ヒロシマ講座を行います(3月7日17時30分〜、9日11時30分〜、どちらも無料)。30分程度ですが、子どもさんでもわかるようにお話したいと思います。展示会は高校生までは無料です。この時間にお越しいただき、親子で学んでみませんか?

展示会まで残り二週間となりました。ポスターを貼らせていただくお願いをしたり、友人へチラシを送ったり、ヒロシマ講座の準備をしたり、いろいろなイベントでチラシを配ったりと、バタバタの毎日です。仕事の合間に行うので、なかなかスムーズにはすすみませんが、精一杯やっているところです。

私のように、仕事をしながら、この展示会にかかわっている人がたくさんいます。仕事をしながらも取り組んでいるのは、それだけ伝えなければならないことだからです。これまでいろいろな人が平和な社会・核兵器のない社会を目指して取り組んできてくださったからこそ、いまの安寧の世の中があります。さらなる平和な社会、核兵器のない社会を実現するには、過去をみんなで学び、これからの社会をみんなで創造することが大切だと思います。

その第一歩が、この展示会です。社会を構成する一員として、当事者意識を持って学んでみませんか?行動してみませんか?一人ひとり力は小さいかもしれませんが、みんなの力が集まれば、大きな力になるに違いありません。取り組みましょう。

「微力だけれど無力ではない」を信じて。