原爆の図第10部『署名』を展示する杉並区民の会

今年は、杉並区平和都市宣言30周年の記念すべき年です。また杉並は、世界に誇るべき原水禁運動の発祥の地です。64年前、第五福竜丸の被曝と放射能汚染マグロの廃棄に直面し、杉並の魚屋さんの呼びかけで始まった原水爆禁止の署名運動は全国に広がりました。その署名に参加した人々の決意と願いを丸木位里・俊は原爆の図 第10部 『署名』(1955年、1.8m×7.2m)に描いています。この作品は日本をはじめ世界各地で巡回されましたが、これまで杉並区内では展示されたことがありません。原爆の図 第10部 『署名』の展示を中心とした、杉並区平和都市宣言30周年にふさわしいイベントを「平和ゆえの幸せを永遠に希求し、核兵器のなくなることを願う」みなさまと一緒に、作っていきたいと考えています。

原爆の図第10部『署名』を展示する杉並区民の会にご参加・ご支援いただける方はフォームよりご連絡ください。